イベント情報

公開シンポジウム

森の技術と安全―森林ボランティア新時代の安全を考える―

■開催終了しました ありがとうございました!

 

安全な森づくり活動のための技術・技能とはどのようなものか?

それを習得するために必要な心構えとは?

ますます多彩に広がっていく森林ボランティア活動にフィットする事故対策とは?


これからの森林ボランティア活動に望まれる技術と安全のありかたについて、

ともに考えるシンポジウムです。

■報告書のダウンロードはこちら

シンポジウム2013報告.pdf
PDFファイル 3.0 MB

■林政ニュース(2013/8/28付け)で紹介されました

林政ニュース(2013.8.28)FLC技習制度・シンポジウム.pdf
PDFファイル 352.7 KB

※開けない場合は最新のAdobe Readerをインストールしてください

開催案内(情報は開催時のものです)

■日時

 2013年8月3日(土曜日)13:30~16:30

 

■会場

 イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA セミナールーム

 (中央区京橋3-7-1 相互館110タワー2階)アクセス

 

■参加費:無料

 (シンポジウム後の意見交換会は別途会費が必要です)

 

■プログラム

 第1部 基調対談「森の技術と安全」

 語り手――島崎 洋路 さん

 聞き手――浜田 久美子 さん

 長年林業の現場技術者やボランティアの育成に尽力され、今年「みどりの文化賞」を受賞された島崎洋路さんに、森づくりという仕事に必要な技術、それを習得するための心構えなど、プロにもボランティアにも通じる大切なポイントについてお話頂きます。

 

 第2部 パネルディスカッション

「森林ボランティア活動の新しい広がりと安全への取り組み」

 パネリスト(50音順)

竹垣 英信――NPO法人 森のライフスタイル研究所 代表理事所長

寺田 菜穂子―林業女子会@岐阜/山の駅ふくべ 事務局
丹羽 健司――矢作川水系森林再生ボランティア協議会 代表
松井 一郎――NPO法人 森づくりフォーラム 理事/森林インストラクター

 コーディネーター

宮林 茂幸――東京農業大学 教授/森づくり安全技術・技能全国推進協議会 理事長

 近年活動や参加のかたちがますます多様になってきている森林ボランティア活動ですが、その中でどのように安全確保に取り組んでいくか、森づくり活動の第一線で活躍しているパネリストにお話し頂きます。

 

 シンポジウム終了後、同所1階 ライブラリーで、講演者と参加者が自由に交流できる意見交換会を開催します(会費3,000円)。

 

主催 森づくり安全技術・技能全国推進協議会

   森づくり安全技術・技能標準化推進委員会

協賛 株式会社イトーキ

後援 林野庁

   公益社団法人 国土緑化推進機構

   日本林政ジャーナリストの会

   (予定あり)

協力 NPO法人 森づくりフォーラム

   一般社団法人 日本森林技術協会